【延期のお知らせ】1月26日・27日土地建物説明会延期

【十日町市内】1月26日・27日コミコミ月々4.7万円で建てられる土地建物説明会延期のお知らせ

新春の候、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
1月26日・27日に予定しておりました「【十日町市内】1月26日・27日コミコミ月々4.7万円で建てられる土地建物説明会」ですが、誠に勝手ながら、延期とさせていただきます。お楽しみにされていたお客様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。日程は改めてお知らせいたします。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

皐工務店㈱ 代表取締役社長 澤口 茂

【十日町市内】11月24日・25日は予約制見学会開催

こちらは【十日町市内】11月24日・25日は予約制見学会開催のご案内ページです。

お申込みはこちらの画像をクリック

インターネットによるお申し込みはコチラの画像をクリック

予約制見学会を開催いたします。

お施主様のご厚意により2日間の予約制見学会を開催いたします。今回の会場はSE構法の木造2階建て耐雪3.6mの家です。(耐雪とは、雪下ろしをしなくても良い構造のことです。)ぜひお気軽にご来場ください。

※1組様ずつご案内させていただきますので、あらかじめご連絡をいただく必要がございます。

大きな吹き抜けが明かりを取り込み、家族をつなぐ故郷(ふるさと)の家

大きな吹き抜けが明かりを取り込み、家族をつなぐ故郷(ふるさと)の家

設計者コメント/住み慣れた故郷で、ご両親を見守りながら、新しく家を建てたい。そんな想いを抱えて皐工務店の見学会にきてくださったお施主様。今は、幼いお子様と一緒に暮らせる時間を楽しみたいから、夫婦寝室の壁にはリビングを見下ろせる小窓をつけて、隔たりをなくしました。老後は1階で暮らしたいから、冬でも1階に明かりが取り込めるように、吹き抜けには明かり窓をつけました。雪に囲まれて閉塞感がないように、外には軒の深い屋根をかけました。家の中が暑かったり寒かったりしないように、厳しい条件で省エネ計算しました。太陽光の取り入れ方も、一年を通してちょうどいいバランスを考えました。内装も、色んな情報を調べて、悩んで、時間をかけて考えて………。この家は、お施主様と二人三脚で作り上げた、お施主様と子どもたちのための、家族をつなぐ故郷の家です。

設計者/住宅デザイナー 瀧澤 洸太

男のロマン、迫力のオーバースライダーシャッター

オーバースライダーシャッター

今回の見どころの一つでもあるシャッターは、SE構法が可能にした大開口を最大限に活用できるように、オーバースライダーシャッターを採用しました。私たちも初めての試みでしたが、やはりかっこいいです。

内側は合板仕上げで木の温かみのある雰囲気となっています。シャッター下地のを利用して上部にはロフトを設けました。ご主人の空間利用のアイデアです。

パントリーは物置きだけにせずカウンターを設けて籠れるスペースに

パントリーは物置きだけにせずカウンターを設けて籠れるスペースに

一般的にパントリーというと収納重視で可能な限り棚を設けたりしますが、済み手の工夫で物の量を減らして余裕をつくり、代わりにパソコンやプリンターを置けるバックヤードのようなスペースを設けました。これは奥様のアイデアです。

将来1階で暮らしても冬に暗くならないように

将来1階で暮らしても冬に暗くならないように

土地柄特に積雪量が多く、2階建で1階にリビングを作るというのはお施主様も勇気のいることでした。それでも長く住み続ければ、後々階段を上がることが難しくなってくる可能性だって考えられます。そこで、南側を中心に明かりをとり、冬でも窓に雪が付かないように深い軒をだしました。

深い軒

この軒のおかげで1階の窓が雪に埋もれてしまうことはなくなります。夏は屋根付きのウッドデッキスペースになります。贅沢な空間だったかな?と思うこともありますが、夏場の遮蔽などにも役立つ為、意味のある屋外空間となっています。

家族をつなぐ小さな小窓

家族をつなぐ小さな小窓

吹き抜けを見上げると室内に小さな窓が3つ並んでいます。何のための窓だと思いますか?換気?アクセント?家に個室があることは当たり前だったかもしれませんが、家族を分断する「壁」の存在は冷たいものだなと私は感じています。その冷たさを取っ払ってくれる役目としてあるのだと思います。

主寝室から見た小窓

まさに家族を見守る役目である親の主寝室にこの窓はあります。ここから吹き抜けを見下ろせる。そう思うだけで、心理的につながりを感じられることと思います。

吹き抜けを見下ろした風景

吹き抜けを見下ろすとこんな感じ・・・いとおしい眺めになること間違いなしです!

この家の耐荷重は軽トラ216台分!

この家の耐荷重は軽トラ216台分!

軽トラ216台分・・・と比喩しましたが、それだけの重さの雪が乗っても潰れないように、構造計算した建物となっています。積雪量は3.6mを想定しています。軽トラ216台分の雪って何㎏あると思いますか?軽トラは1台750㎏です。つまり、162tが正解です!

木造で耐雪3.3mを実現したSE構法の美しい構造躯体

この家は鉄骨でもコンクリートでもございません、木造住宅です。

木造耐雪3.3mを可能にしたSE構法
今まで鉄骨でしか作れなかった耐雪住宅を、木造で建築可能にしたSE構法のご紹介動画です。実際に十日町で採用した第一号がBSで特集されました。実例として分かりやすく紹介しておりますので是非ご覧ください。

見た目は良くても構造が悪くては元も子もありません。この雪国、十日町市の気候にあわせて、3.6mの積雪に耐えられる耐雪設計の他、耐震等級で最高ランクの等級3をクリア。基本性能はしっかりと担保しての「在り続ける家」です。性能にはご安心を。

性能表示(耐雪性能・耐震性能・断熱施性能・長期優良住宅)
耐雪・耐震・断熱のすべてが国の定める最高基準を満たしております。
性能表示

保証制度も安心
SE構法は構造躯体を最大20年保障することができます。
保証

皐工務店のご紹介

∔ONE COLOR

∔ONE(ワン)は、オリジナリティCOLOR(カラー)は個性・自分らしさを反映させた、暮らし方を提案する新しい設計手法です。
今の日本の住宅は「価値観やライフスタイル」を重視する成熟期にシフトしてきました。たとえば、子供たちと一緒に「楽しく、スムーズ」に調理できる機能的なキッチンスペースが欲しかったり、また、キャンプや釣りが趣味な方にとっては、設計プランの段階から収納場所を数カ所増やすだけで、使い勝手が良くなったりします。さらに玄関先に収納スペースを配置する方がごく自然ですし、リビングから家族が見えることで安心さと楽しさが伝わる家庭になると思います。
そうした思いを込めて、いままでの無難な設計手法ではなく、ひとりひとりの想い描いた暮らし方を実現するために私たちは「∔ONE COLOR」を立ち上げました。また、新しい建物をシンプルに仕上げることにより、あなたの暮らし方がより一層引き立つかと思います。

スタッフ紹介

代表取締役社長/澤口 茂
昭和51年5月8日生まれ
コメント:最近ゴルフに夢中です。休日は料理もやってます。エスニックがマイブームです。

代表取締役社長/澤口 茂

設計・管理/高橋 俊幸
昭和56年11月22日生まれ
コメント:最近は子どもや同級生とBBQするのが楽しみです。普段料理しない私ですが、この時は調味料までこだわるクッキングパパになります。

設計・管理/高橋 俊幸

設計・デザイナー/瀧澤 洸太
平成5年3月4日生まれ
コメント:やったことのないことをやるのが好きで、ドラム・ボルダリング・スノーボード・DIY・ソロキャン・・・色々手を出しています(笑)

設計・デザイナー/瀧澤 洸太

「暮らす」「遊ぶ」「楽しむ」
あなたらしい暮らし方を熱くお聞かせください。

イベントの詳しいご案内

イベントの日時や参加方法などのご案内です。

開催日・時間
・11月24日() 9:00→21:00
・11月25日() 9:00→21:00

※1組様ずつご案内させていただきますので、あらかじめご連絡をいただく必要がございます。

当日の流れ
あらかじめ事前予約が必要です。
お電話をいただいて、見学会会場までお越しいただきます。現地にて受付していただきます。玄関から中はスリッパ・手袋を必ずご着用ください。お子様から目を離さないようご留意ください。スタッフが付き、建物のご説明をさせていただきます。他にも内観や家づくりのことが分かるPOPなどを見てお楽しみください。分からないことや聞きたいことはスタッフまでお気軽にお声がけください。

最後に
皐工務店には大手ハウスメーカーのような豪華なモデルハウスはございません。莫大な宣伝広告費はお客様の建築コストを圧迫してしまうからです。今回のイベントは2日間限定でお施主様のご厚意で開催させていただきます。今のご自宅で冬の雪下ろし寒さなど何か不自由なことがあるという方は、是非この機会にご参加ください。問題を解決する糸口が必ず見つかります。

見学会やご相談会のお問い合わせ

下記連絡先または画像をクリックしてお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

インターネットからのご予約はこちらの画像をクリックしてください

 

皐工務店株式会社
「在り続ける家」をつくる
皐工務店株式会社

皐工務店のホームページはこちら

今月28・29日は?チャリティークラフトバザー開催

第1回 チャリティークラフトバザーのご案内

チャリティークラフトバザーとは?

皐工務店は地元の子どもたちの環境をより良くするために収益金の一部を使って慈善活動を行います。今年度より毎年、春(3~5月)と秋(9月~11月)の2回を目標にチャリティークラフトバザーを開催していきます。今回はゴールデンウィークの始めということで、ちょうど日曜大工やDIYをしたかったんだよねーという方は、材料集めにいかがでしょうか?程度のいい材料がきっと見つかりますよ✨

当日のご案内とイベント内容

当日のご案内
日程 4月28日(土曜日)~4月29日(日曜日)
時間 10:00~16:00
会場 皐工務店㈱ 駐車場内(駐車台数には限りがございます。)
住所 十日町市上野甲1081

イベント内容

 

 

 

 

〇アウトレット品の一斉処分市
28日~29日(無くなり次第終了)
・棚板 一枚¥200
・トイレ本体 ¥15,000
・その他 木材/フローリング材/吊り戸棚 など
・木材無料カット
+お気持ちBOX(チャリティー募金箱)✨

〇Crafter(ものづくりの専門家)のショップ
28日 Handmade kosuzu(ハンドメイド こすず)
29日 花羽呼屋 kabakoya(かばこや)
28~29日 accessories&workshop shiki(アクセサリー&ワークショップ シキ)

〇子どもたち向けおかしのつかみどり
28日~29日(無くなり次第終了)
1回100円
+お気持ちBOX(チャリティー募金箱)✨

チャリティークラフトバザーゲストのご紹介

 

工務店のアウトレットバザーというと、男性向けなのかな?と思われた方、そんなことはありませんよ!今回はこんな素敵な方たちにも集まってもらいました✨

Handmade kosuzu(ハンドメイド こすず)

□参加日
・4月28日(土曜日)
□催しもの
・ハンドメイドアクセサリー販売(チェコのガラスボタンヘアゴム/ヴィンテージボタンのピアス・イヤリング)

花羽呼屋 kabakoya(かばこや)

□参加日
・4月29日(日曜日)
□催しもの
・ハンドメイド物品販売(ベビー・キッズ用品/ポーチ・バッグなどの布雑貨)
Facebookページあります

accessories&workshop shiki(アクセサリー&ワークショップ シキ)

□参加日
・4月28日(土曜日)
・4月29日(日曜日)
□催しもの
・ビーズ&ブレスレット作りワークショップ
・つまみ細工・ハンドメイド物品販売
Facebookページあります

物品ギャラリー

アクセス

Googleマップを使ってチャリティークラフトバザーに行ってみる
会場の皐工務店は十日町市の旧川西町にある会社です✨

画面上に表示されている地図がGoogleマップです。今いる現在地から皐工務店までのナビゲーションをしてみましょう。
※インターネット通信・GPS通信がONになっていることをご確認ください!

Googleマップの使い方が分からない方はこちら

地図をみてチャリティークラフトバザーに行ってみる

住所:新潟県十日町市上野甲1081

49号線を小千谷方面へ進んでいくと清水フードを過ぎたあたりから左手に見えてきます✨

この白いのぼり旗が目印です!

この旗を見つけたらもうご安心ください!あとは係の誘導に従ってください(^^)/
みなさまの多くのご来場とご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます。
スタッフ一同

 

皐工務店株式会社
「在り続ける家」をつくる
皐工務店株式会社

皐工務店のホームページはこちら

「どうすれば?」をプロと一緒に考えられる!【家づくりの無料相談】

「どうすれば?」をプロと一緒に考えられる!【家づくりの無料相談】

皆さんはどうしたら満足のいく家をつくれるのかご存じですか?新築は一生で一度の大きな買い物です。チャンスは1度きりです。1度で満足のいく家をつくるにはどうしたらいいのでしょうか。一緒にお考え下さい——

私たち皐工務店(さつきこうむてん)はおかげさまで毎年新築工事をお打合せから引き渡しまでさせていただいております。特にここ十日町市における雪国の事情を考慮した家づくりを主体にしております。

何度も新築を経験できるのは私たちのような家づくりのプロくらいでしょう(中にはいらっしゃるのかもしれませんが)。私たちはこれまでいろんなご家族様とお会いし、お打合せして、悩んで、形にして、実際に暮らしていただき、定期的にご訪問させていただいております。

「土地は無くてこんな家が欲しいけどどうすれば?」「建て替えなんだけど解体はどうすれば?」「月々6万円で新築するならどうすれば?
おひとりおひとり違ったお悩みをご相談いただきます。新築は完成するまで姿かたちの見えないむずかしい商品です。私たちは分かりやすい資料を使って個別にゆっくりヒアリングし、お悩みを掘り下げ、お客様の為の最高の家づくりをさせていただきます。

皐工務店のヒアリングツール「ヒアリングシート」

あなたの「どうすれば?」を私たちに教えてください

新築は選択の連続で本当に難しい買い物だと思います。すべての選択肢にはメリット・デメリットがあります。目的がなければ根拠のある選択はできません。目的を具体的に言えるお客様はほとんどいらっしゃいません。
人の行動には何らかの感情が起因していると思います。不安やストレスがあって、期待する未来があってお店にいらっしゃいます。家づくりはそんな曖昧な世界から始まります。

設計担当・現場管理担当のご紹介

私はお客様の新しい家を考えるお手伝いをしています。まず、家を建てるにはどんな家をどれくらいの予算で建てたいのかを考えます。私のご提示するお見積りは高いと思われるはずです。家づくりには様々な出費があります。本当に細かいです。お客様の考える総予算の中で建物本体の価格は一部分でしかありません。出費が予想される項目を拾える限り予算取りします。だから私のお見積りは高いです。私が作る図面はただの紙ではなく、実際に建てて住んでいただく為の図面です。無理なく暮らせる家でなければ、図面はただの紙に終わってしまうでしょう。常に全力でお客様にとって最高の家をご納得いただけるまで、ご提案を続けさせていただきます!!

私はお客様が多くの週末の時間を利用して悩み・決断した家を、ただの地面だった場所から形にしていきます。遊び心や個性のあるデザインを実現するには技術もしかり、経験が重要です。ゼネコンで大規模建築にも携わってきましたので工期厳守は当たり前。住宅も何棟も建ててきました。特に皐工務店の住宅はおもしろい家ばかりで、建築好きな私としてはやりがいがあります。「収納はこれをしまいたいからこんな工夫はできない?」とか「今まで大事にしていたものだからかっこよく飾りたい」とか、設計打ち合わせで瀧澤にお伝えください。私がちゃんと形にしてみせます

お問い合わせ方法のご説明

「家づくりの無料相談」をご希望の方はお気軽にご連絡ください。土地から探している方、すぐに建てない方でも大丈夫です!

お電話によるご予約

お電話の受付時間
毎日 7:30~17:30

ご予約可能日
月・火・水・木・金・土・日・祝
※土日祝は混み合いますので事前にご予約をお願いします。

 

インターネットによるご予約

インターネットからご予約の場合は以下の手順でお申込みください。

  1. 説明の最後にあるリンク(「インターネットによるご予約はコチラをクリック!」)をクリックしてください。自動的にお問い合わせページまで移動します。
  2. お名前」「メールアドレス」「郵便番号」「ご住所」を入力してください。
  3. ご意見・ご感想等」の欄にご用件を入力してください。(例:家づくりの無料相談を〇月〇日〇時から希望します。)
  4. プライバシーポリシーに同意します」に☑してください。
  5. 送信する」をクリックしてお申込み完了です。3営業日以内にご返信いたします。

インターネットによるご予約はコチラをクリック!

アクセス

皐工務店に行ってみよう!
皐工務店は十日町市の旧川西町にある会社です。

画面上に表示されている地図がGoogleマップです。今いる現在地から皐工務店までのナビゲーションをしてみましょう。
※インターネット通信・GPS通信がONになっていることをご確認ください。

Googleマップの使い方が分からない方はこちら

住所:新潟県十日町市上野甲1081

 

皐工務店株式会社
「在り続ける家」をつくる
皐工務店株式会社

皐工務店のホームページはこちら

皐工務店の住宅情報誌「rakuraku(らくらく)」毎月発刊郵送無料

rakuraku2018.02の表紙

皐工務店の住宅情報誌「rakuraku(らくらく)」毎月発刊郵送無料(メルマガも可)

皐工務店の住宅情報誌「rakuraku(らくらく)」。ご希望の方に毎月無料でご郵送いたします。内容はカテゴリー別に分かれていてとても見やすく、スタッフによるオリジナルコラムや十日町市のイベントなど、地元にスポットを当てた住宅に関連する得する情報をどんどんご紹介していきます!

rakuraku2018.02の表紙
rakuraku2018.02の表紙

皐工務店の住宅情報誌「rakuraku(らくらく)」のご紹介

rakuraku2018.02の中身

皐工務店の住宅情報誌の全体は、A3サイズの裏表で、短時間で読み切れるボリュームです。カテゴリー別に分かれていて気になるコラムだけ注目してお読みいただくこともできます。

カテゴリー①「社長がおすすめする暮らしのワンポイントアドバイス」
皐工務店の社長がおすすめする暮らしのワンポイントアドバイスをご紹介しています。

社長がおすすめする暮らしのワンポイントアドバイス
2月は適正湿度でインフルエンザ予防を

カテゴリー②「施工事例」
皐工務店の施工事例をご紹介しています。

rakuraku2018.02の施工事例
rakuraku2018.02の施工事例

カテゴリー③「現場管理スタッフコラム」
現場管理スタッフによる現場管理スタッフ目線のコラムをご紹介しています。

現場管理スタッフのコラム
開放的なシンメトリーハウスの建設中・・・

カテゴリー④「アーキテクチュアニュース」
住宅建築に関わるアーキテクチュアニュースをご紹介しています。

アーキテクチュアニュース
消費税はいつまで8%のまま?きたる住宅建築の2020年問題とは

カテゴリー⑤「設計スタッフコラム」
設計スタッフによる設計スタッフ目線のコラムをご紹介しています。

現場管理スタッフのコラム
東大生の5割は〇〇で勉強していた。

カテゴリー⑥「Satsuki kitchen(さつきキッチン)」
社長の奥さんによる社長のごはんを簡単レシピでご紹介しています。

Satsuki kitchen
れんこんのタラコマヨ炒め

他にも、皐工務店の施工事例や、十日町市のイベント、十日町市限定の補助金など、地元にスポットを当てた得する情報が満載!毎月定期刊行だから最新情報をお届けできます!

皐工務店の住宅情報誌「rakuraku(らくらく)」無料郵送・メルマガのお申込み

皐工務店の住宅情報誌「rakuraku(らくらく)」無料郵送・メルマガをご希望の方は以下の手順でお申込みください。

  1. ページ一番下のバナー(rakurakuお申し込みはコチラをクリック!)をクリックしください。自動的にお問い合わせページまで移動します。
  2. ご郵送希望の方:「お名前」「メールアドレス」「郵便番号」「ご住所」を入力してください。
  3. メルマガ希望の方:「お名前」「メールアドレス」を入力してください。
  4. ご意見・ご感想等」の欄にご請求内容を入力してください。(例1:らくらく郵送希望 例2:らくらくメルマガ希望 例3:らくらく郵送・メルマガ希望)
  5. プライバシーポリシーに同意します」に☑してください。
  6. 送信する」をクリックしてお申込み完了です。3営業日以内にご郵送・ご返信いたします。

 

 

また、お電話でもお受付しております。
皐工務店㈱十日町本社 電話番号:025-761-7024

新年のご挨拶

ご挨拶

あけましておめでとうございます。
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本年もスタッフ一同より一層技術の向上に励み、お客様にご満足いただけるサービスを心がける所存です。今年も倍旧のお引き立てをよろしくお願い申し上げます。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

皐工務店株式会社 スタッフ一同

皐工務店株式会社

皐工務店のホームページはこちら

年末のご挨拶と休業日のご案内

ご挨拶

2017年も残すところあと僅かとなりました。お客様、ご関係者の皆様におかれましては、特段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。来年も誠心誠意努力していく所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同、心よりお願い申し上げます。

年末年始の休業日のご案内

年末年始の休業日をご案内申し上げます。休業日は下記のとおりとさせていただきます。

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

休業日(この間お電話によるお問い合わせは繋がりにくい為、こちらのお問い合わせページをご利用下さい。)

甚だ勝手ではございますが何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

皐工務店株式会社 スタッフ一同

皐工務店株式会社
「在り続ける家」をつくる
皐工務店株式会社

皐工務店のホームページはこちら

【十日町市内】11月25日・26日はオープンハウス!

オープンハウス11月25・26日

こちらは【十日町市内】11月25日・26日はオープンハウス!のご案内ページです。

オープンハウスを開催いたします。

お施主様のご厚意により2日間のオープンハウスを開催いたします。今回の会場はSE構法の木造3階建て耐雪3.3mの家です。(耐雪とは、雪下ろしをしなくても良い構造のことです。)ぜひお気軽にご来場ください。

オープンハウスの見どころ

見学会会場の見どころのご紹介です。

オープンハウス11月25・26日
オープンハウス11月25・26日

こだわりのポーチと男のロマンが詰まったワイルドガレージ

こだわりのポーチと男らしいガレージ
こだわりのポーチと男らしいガレージ

今回の見どころの一つでもあるポーチは、外壁材を張り分け石調に仕上がっています。外壁全体が黒い鉄素材でまとまっている中、ワンポイントに同系色で素材の違う材料を使うと、まとまりやすく、それでいて個性の出る大人なデザインになります。

OSB
OSB合板

男のロマンが詰まったワイルドガレージは、OSB合板という木片のチップを張り合わせた、木質のガレージです。コンクリートとは違いあたたかでカントリーな印象に仕上がります。車庫で作業をすることが多い男性は検討してみてはいかがでしょうか。男心をくすぐること間違いなしです。

カウンター式の新しいダイニングを提案

カウンター式の新しいダイニング
カウンター式の新しいダイニング

一般的なダイニングは4人掛けでテーブルで幅1200×奥行900、椅子が1脚で幅400×奥行400、人の動線が幅600以上必要です。畳にして6畳分になります。カウンター式であれば動線を含めても半分の3畳で抑えられます。省スペース化で浮いた残りの3畳は書斎にする。なんて考え方もできますね。

落ち着いた配色&梁現しで広々大人リビングに

梁のある広々リビング
梁のある広々リビング

お大工さんは天井を作るとき、構造材である梁より下で天井を作ります。本来天井はもっと高くしても問題ありません。構造材である梁をあえて見せることで、部分的に天井を高くすることができます。この方式をリビングに採用しました。真っ白でのぺっとした天井も、梁がアクセントになり、個性的な印象に仕上がります。

皐工務店のそこまで言って委員会

階段室の開かない窓
階段室の開かない窓

皆さんは「開かない窓」があることをご存知でしょうか。業界ではFIXとかはめ殺しとか言います。アパレル関係のショップに行くとガラスの向こうにマネキンが立っていたりしますね。そういう開け閉めする必要がない窓は、いっそ「開かない窓」にしてしまったほうがいいことが多いです。例えば、開く窓には微妙に隙間があります。開け閉めする為に真ん中にアルミの棒が立っていたりします。「開かない窓」は不要なものが一切なく、すっきりとした印象になります。費用も抑えられます。今回はこの窓を階段室に設けました。皆さんは階段の窓を普段開けておきますか?開ける頻度が少なければいっそ「開かない窓」にしてみることをお勧めします。

商品のご案内

皐工務店のSS_Class
ss-class
皐工務店がお薦めする、木造耐雪3.3mの商品案内です。屋根の雪下ろしを極力抑えるために、従来の耐雪住宅は高価な鉄骨造が主流でした。 大雪が積もった屋根の負担を考えると、そうせざるを得ませんでした。しかし、あなたも思っていたはずです。シンプルでありながら、丈夫な木造で耐雪住宅はできないだろうか?

木造で耐雪3.3mを実現したSE構法の美しい構造躯体
木造で耐雪3.3mを実現したSE構法の美しい構造躯体

大変お待たせしました。SE構法で耐雪3.3m、耐震強度3の夢の木造住宅が実現します。

木造耐雪3.3mを可能にしたSE構法
今まで鉄骨でしか作れなかった耐雪住宅を、木造で建築可能にしたSE構法のご紹介動画です。実際に十日町で採用した第一号がBSで特集されました。実例として分かりやすく紹介しておりますので是非ご覧ください。

見た目は良くても構造が悪くては元も子もありません。この雪国、十日町市の気候にあわせて、3.3mの積雪に耐えられる耐雪設計の他、耐震等級で最高ランクの等級3をクリア。基本性能はしっかりと担保しての「在り続ける家」です。性能にはご安心を。

性能表示(耐雪性能・耐震性能・断熱施性能・長期優良住宅)
耐雪・耐震・断熱のすべてが国の定める最高基準を満たしております。
性能表示

保証制度も安心
SE構法は構造躯体を最大20年保障することができます。
保証

SS_Classのスペシャルコンテンツはこちら
SE構法のスペシャルコンテンツはこちら

イベントの詳しいご案内

イベントの日時や参加方法などのご案内です。

開催日・時間
・11月25日() 9:00→16:00
・11月26日() 9:00→16:00

当日の流れ
当日は現地までお越しください。事前予約は不要です。現地にて受付していただきます。玄関から中はスリッパ・手袋を必ずご着用ください。お子様から目を離さないようご留意ください。基本的に自由見学です。(安全の為スタッフが常駐しております。)内観や家づくりのことが分かるPOPなどを見てお楽しみください。分からないことや聞きたいことはスタッフまでお気軽にお声がけください。

アクセス
十日町市西本町3丁目(赤い見学会のぼり旗が目印

Googleマップの使い方はこちら

最後に
皐工務店には大手ハウスメーカーのような豪華なモデルハウスはございません。莫大な宣伝広告費はお客様の建築コストを圧迫してしまうからです。今回のイベントは2日間限定でお施主様のご厚意で開催させていただきます。今のご自宅で冬の雪下ろし寒さなど何か不自由なことがあるという方は、是非この機会にご参加ください。問題を解決する糸口が必ず見つかります。

見学会やご相談会のお問い合わせ

下記連絡先または画像をクリックしてお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせバナー

皐工務店株式会社
「在り続ける家」をつくる
皐工務店株式会社

皐工務店のホームページはこちら

【十日町市】今週末3日間のオープンハウスを開催

こちらは【十日町市】今週末3日間のオープンハウスを開催のご案内ページです。

オープンハウスを開催いたします。

【完全予約制】冬の気温になってまいりました。先週末開催のT様邸ですが、お施主様のご厚意で“もう一度”オープンハウスを開催いたします。今回のオープンハウスはお忙しい方の為に、ナイター営業で開催いたします。ちょうど冬の気温になる今週末ですが…暖房弱めにしてお待ちしております。最高等級の断熱性をご体感ください。

オープンハウスの見どころ

見学会会場の見どころのご紹介です。

開放的なオープン階段

オープン階段で開放的に
オープン階段で開放的に

今回の見どころの一つでもあるオープン階段は、鉄骨と木を利用したオシャレな階段です。一般的には階段を壁で囲ってしまいがちです。そのせいで暗くて上り下りがめんどくさい、ただの通路の役割だけで終わってしまいます。同じ幅の階段でもオープンにすることで、広く感じられたり、窓からの光も取り入れやすく、常に明るく過ごすことができます。階段室を吹き抜けとして有効に活用したよい例です。

広い中庭でバーベキュー

広いテラスでバーベキュー
広いテラスでバーベキュー

一般的なテラスより少し大きめに広さを確保した大きな中庭型のテラスがあります。夏はバーベキューを楽しんだり、プールを置いて子どもを遊ばせたりと使い方は無限大に広がります。冬季間でも屋根のある中庭があることにより室内はいつでも明るい状態です。雪で1階が暗くなりがちな十日町市ですが、建築的な手法で問題の解決に挑みました。

お施主様のデザインのこだわり

お施主様のこだわり
お施主様のこだわり

お施主様は建築好きで、いろんな材料やデザインにこだわって挑戦されています。「あ!これ家でもマネしたい!」が見つかるはずです。床・壁・天井までよくご覧ください。参考になること間違いなしです。

皐工務店のそこまで言って委員会

シンプルな外観の完成イメージ
シンプルな外観の完成イメージ

こんな言葉をよく耳にします。「最近の家は窓が少ない。」と。これはデザインだけでなく、プライバシーの保護西日の遮蔽を目的として、あえて窓を小さくしております。今回の建物では、中庭やベランダを通して常に光を取り入れやすく設計してあります。
皐工務店では設計の際に近所の住宅を図面に落とし込み、お隣の家の窓から直接室内が見えないように何度もシュミレーションをしております。その他、風の通り道も考え、夏場は自然の風が通りやすいように窓の配置を考えて設計しております。
シンプルであることは皐工務店のコンセプトでもあります。「在り続ける家」に沿うように、在り続ける=長持ち=壊れにくい=シンプルな構造=無駄がないと、目指した先がシンプルになっていきました。シンプルを目指すと洗練されていくのは必然です。が、もちろん人それぞれで好みもありますので・・・。

商品のご案内

皐工務店のSS_Class
ss-class
皐工務店がお薦めする、木造耐雪3.3mの商品案内です。屋根の雪下ろしを極力抑えるために、従来の耐雪住宅は高価な鉄骨造が主流でした。 大雪が積もった屋根の負担を考えると、そうせざるを得ませんでした。しかし、あなたも思っていたはずです。シンプルでありながら、丈夫な木造で耐雪住宅はできないだろうか?

木造で耐雪3.3mを実現したSE構法の美しい構造躯体
木造で耐雪3.3mを実現したSE構法の美しい構造躯体

大変お待たせしました。SE構法で耐雪3.3m、耐震強度3の夢の木造住宅が実現します。

木造耐雪3.3mを可能にしたSE構法
今まで鉄骨でしか作れなかった耐雪住宅を、木造で建築可能にしたSE構法のご紹介動画です。「SE構法ってなに?」が85秒で分かるようになっております。音が鳴りますのでご留意ください。

バーベキューにオープン階段。見た目は良くても構造が悪くては元も子もありません。この雪国、十日町市の気候にあわせて、3.3mの積雪に耐えられる耐雪設計の他、耐震等級で最高ランクの等級3をクリア。基本性能はしっかりと担保しての「在り続ける家」です。性能にはご安心を。

性能表示(耐雪性能・耐震性能・断熱施性能・長期優良住宅)
耐雪・耐震・断熱のすべてが国の定める最高基準を満たしております。
性能表示

保証制度も安心
SE構法は構造躯体を最大20年保障することができます。
保証

SS_Classのスペシャルコンテンツはこちら
SE構法のスペシャルコンテンツはこちら

イベントの詳しいご案内

イベントの日時や参加方法などのご案内です。

開催日・時間
・11月17日(金) 18:00→21:00
・11月18日() 18:00→21:00
・11月19日() 18:00→21:00

ご予約方法
参加をご希望の方は必ず下記の方法でご予約下さい。
・お電話によるご予約:025-761-7024(受付時間9:00~17:00)
・お問い合わせページ:お問い合わせページはコチラ

アクセス
十日町市高田町3丁目(赤い見学会のぼり旗が目印

Googleマップの使い方はこちら

最後に
皐工務店には大手ハウスメーカーのような豪華なモデルハウスはございません。莫大な宣伝広告費はお客様の建築コストを圧迫してしまうからです。今回のイベントは2日間限定でお施主様のご厚意で開催させていただきます。今のご自宅で冬の雪下ろし寒さなど何か不自由なことがあるという方は、是非この機会にご参加ください。問題を解決する糸口が必ず見つかります。

オープンハウス会場ギャラリー

見学会やご相談会のお問い合わせ

下記連絡先または画像をクリックしてお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせバナー

皐工務店株式会社
「在り続ける家」をつくる
皐工務店株式会社

皐工務店のホームページはこちら

全国でも珍しい豪雪地帯十日町市で雪下ろしをするのをやめた

積雪3.3mに耐える木造住宅

耐雪住宅
耐雪住宅

 全国でも珍しい豪雪地帯十日町市

十日町市(とおかまちし)は、新潟県の南部にある市。市の中央を日本一の大河である信濃川が流れ、十日町盆地とともに雄大な河岸段丘が形成されている。市の南部には日本三大渓谷に数えられ、上信越高原国立公園の一部である清津峡、西部には日本三大薬湯のひとつ松之山温泉がある。日本有数の豪雪地帯として知られていて、多い年には2m~3mの積雪となり、特別豪雪地帯に指定されている。

極値 観測値 観測年月日
最高気温 37.0℃ 1994年8月14日
最低気温 -12.8℃ 1988年2月22日
日降水量 186.8mm 2005年6月28日
最深積雪 391cm 1981年2月28日

世界有数の豪雪地帯で年間降雪量は平均で1169cmにも及ぶ。国から特別豪雪地帯の適用を受けており、最深積雪は平年でも2mを超える。冬の気温が低いため、融雪が起こりにくい。近年では2012年2月11日に最深積雪323cmを記録した。(wikipediaより)

以上はwikipediaで紹介されている十日町市の特徴です。十日町市の冬がいかに厳しいかお分かりになりますでしょうか。10月~5月の間は平均最低気温が10℃を下回ります。8か月間は寒さがつづき、雪が解けていくのも遅いです。

雪かき
雪かき

十日町市の住宅事情

十日町市の住宅はどうなっているのか。建築的な視点で考えてみます。

①十日町市は多雪区域
積雪荷重は、多雪区域では長期荷重(常にある重さ)として考えます。
②雪おろしによる重さの低減
十日町市のように雪おろしの習慣がある地域では積雪荷重を1mまで低減して考えることが可能です。
③屋根勾配による低減
屋根勾配が60°の場合積雪荷重は0として考えることが可能です。富山県の五箇山と岐阜県の白川郷地方に小さな合掌造りの集落がありますが、このような建物が該当します。

②の雪おろしによる重さの低減ですが、われわれ十日町市民もしたくて雪おろしをしているわけではありません。私は絶対に屋根に上がりたくない!という方は3.3mの積雪荷重に耐える家を作らなくてはなりません。

風景イラスト
風景イラスト

雪国の建物は大きく分けて4つ

雪国の建物は大きく分けて4つに分類されます。
1.一般住宅 何度か雪降ろしをする家
2.融雪住宅 雪を屋根の上で溶かす家
3.落雪住宅 屋根の雪が自然に落ちる家
4.耐雪住宅 雪を屋根の上にためる家

このように分類されます。どれが良いとか悪いとかはなく、それぞれ良いところ悪いところは当然あります。それでは色々な面から表にしてみてみましょう。2階建て30坪の一般住宅(本体価格を1000万とした場合を比較します。)目安としてご覧ください。

本体価格 光熱費 手間代 維持費
一般住宅 1000万円 0万円 5回 0万円
融雪住宅 1150万円 30万円 0回 数万円/年
落雪住宅 1500万円 0万円 0回 0万円
耐雪住宅 1500万円 0万円 0回 0万円

耐雪住宅は本体価格が一番高いですが、光熱費や雪下ろしの手間代・維持費といった、いわゆるランニングコストは一切かかりません。

ちなみに落雪住宅は自然落下で屋根の雪を落としますが、常に落ちてくるためほったらかしにしていると2階の窓まで雪が溜まっていきます。この落ちた雪をどかすのは重労働。落ちて固まった雪は特に重いです。著者も落雪住宅に住んでいます。苦労しています。

軽い雪と重たい雪

「耐雪3.3mって軽い雪と重たい雪で違うのでは?」という質問をよく聞かれます。それでは積雪3.3mとはどのような基準で設計しているのか説明いたします。

積雪設計では1m×1mの面積(1㎡)に1mの雪が積もる状態を300㎏と仮定しています。3.3mの雪が積もるということは、300㎏×3.3mで990㎏が1㎡にかかる重さと仮定し設計していることになります。30坪の総2階建ての建物に3.3mの雪が積もると49tの重さになるという計算です。軽トラックにすると約58台分になります。

ですので、軽い雪とか重い雪とかではなく、重さで計算しています。ちなみに2015年に長岡市では、大雪で建物の軒先などに多くの被害がありました。被害のあった当時の積雪荷重が1㎡あたり500㎏でした。

(参考)雪と水ってどっちが重い?

比重 温度(℃) 比重(g/㎤)
3.98℃ 1.0000g/㎤ 100%
0.00℃ 0.9000g/㎤ 90%
降雪 新雪 0.0005~0.0015g/㎤ 0.05~0.015%
降雪 小湿り雪 0.0015~0.0025g/㎤ 0.15~0.025%
降雪 湿り雪 0.0025~0.0050g/㎤ 0.25~0.50%

すんごく分かりにくいので同じ体積でコップに締め固めた雪と水を比較してみました。

重さ
98g/コップ 41.88%
234g/コップ 100.00%

水は雪の2倍も重い!!

結論
水>氷>>>積雪>>>>>>>>>降雪という結果になりました。水って重いですね。耐水圧とか設計している人は頭がよさそう…。

雪合戦
雪合戦

雪が乗った状態での耐震性能

耐雪住宅は近年、多くの会社が施工をはじめました。その中でよく聞かれるのが「3mの雪が積もった状態で大地震がきたらどうなるのか?」です。とても大事なことです。

まず知っておいていただきたいのは、耐震性能耐雪性能は全く違うということです。耐震性能や耐雪性能は構造計算により柱・梁の大きさ 補強壁の配置などが決まります。

気をつけていただきたいのは、3階建ての建物は構造計算が必須ですが、2階建ての木造住宅は構造計算をする義務がありません。2階建ての耐雪住宅の場合は構造計算をしてあるかどうかで、本当に耐震・耐雪性能があるかを判断できるかと思います。

まとめ

十日町市で雪下ろしをしない暮らしを手に入れるには融雪・落雪・耐雪の3つの内から選ぶ必要があります。中でも落雪と耐雪は本体価格が高くなります。ただしランニングコストはかかりません。耐雪なら雪を落とさないので除雪も要りません。ちなみに弊社の耐雪住宅は地震を考えて3.3mの積雪としていますが、地震さえなければ約9mまで屋根に雪を載せておくこと可能となっています!!(これが言いたかった…)

商品のご案内

皐工務店のSS_Class
ss-class
皐工務店がお薦めする、木造耐雪3.3mの商品案内です。屋根の雪下ろしを極力抑えるために、従来の耐雪住宅は高価な鉄骨造が主流でした。 大雪が積もった屋根の負担を考えると、そうせざるを得ませんでした。しかし、あなたも思っていたはずです。シンプルでありながら、丈夫な木造で耐雪住宅はできないだろうか?

木造で耐雪3.3mを実現したSE構法の美しい構造躯体
木造で耐雪3.3mを実現したSE構法の美しい構造躯体

大変お待たせしました。SE構法で耐雪3.3m、耐震強度3の夢の木造住宅が実現します。

木造耐雪3.3mを可能にしたSE構法
今まで鉄骨でしか作れなかった耐雪住宅を、木造で建築可能にしたSE構法のご紹介動画です。「SE構法ってなに?」が85秒で分かるようになっております。音が鳴りますのでご留意ください。

この雪国、十日町市の気候にあわせて、3.3mの積雪に耐えられる耐雪設計の他、耐震等級で最高ランクの等級3をクリア。基本性能はしっかりと担保しての「在り続ける家」です。性能にはご安心を。

性能表示(耐雪性能・耐震性能・断熱施性能・長期優良住宅)
耐雪・耐震・断熱のすべてが国の定める最高基準を満たしております。
性能表示

保証制度も安心
SE構法は構造躯体を最大20年保障することができます。
保証

SS_Classのスペシャルコンテンツはこちら
SE構法のスペシャルコンテンツはこちら

お問い合わせバナー

皐工務店株式会社
「在り続ける家」をつくる
皐工務店株式会社

皐工務店のホームページはこちら